前へ
次へ

宅地建物取引士、略して宅建を取るメリット

不動産について詳しくなりたいと考える人に人気の国家資格が、宅地建物取引士です。
略して宅建と呼ばれるこの資格は、毎年約20万人近い人が受験をしている人気資格です。
不動産業界はもちろん、建築会社や不動産融資につながる金融機関でも重宝される資格です。
国家資格ですから、独立開業や益々のキャリアアップが狙えると支持されています。
また業種や業界により異なりますが、資格手当としてプラスも期待することができます。
宅建を持っていると、不動産の売買や賃貸物件のあっせんの際に、お客様により詳しい説明をすることができるようになり確かな信頼を受けることができるはずです。
試験に合格したら、厳正なる条件を満たした後、合格した都道府県に対して登録手続きを行う必要があります。
登録終了後に、必ず別途宅地建物取引士証の交付を受けることが必要となります。
登録は一度行うと、登録消除処分事項に該当しない限り一生有効となる資格です。

Page Top